どんなに丈夫な住まいでも、使い続けていれば経年劣化などでクレセント錠やサッシの戸車など、何かしらの故障が生じます。

近年、その修理・交換用の部品の価格が値上がりし続けています。
昨年頃までは想定内程度(今までの1割まし程度)の値上がりでしたが、今年の春以降、想定外な値上がりが生じています。

大手サッシメーカーのものですが、今まで数百円だった部品が数万円(1個でです( ノД`)シクシク…)という酷いものも出てきました。

マンションなどのビル用サッシの部品価格高騰がとりわけ酷い状況です。金額も去ることながら、納期が1ヵ月以上かかるものが増えています。

コロナの影響による製作、手配、運搬コスト上昇も値上げの原因だと思いますが、この春頃にたくさん廃番にして特注品扱いになったのも原因のようです。

私たち業界関係者もびっくり仰天な状況です。

今後業界全体がどのような流れになるかわかりませんが、できるだけお客様に寄り添える仕事をしたいと考えてります。しかしながら、仕入れ価格高騰による材工価格の上昇は避けられません。

分譲住宅をお持ちの一般のお客様、お得意先様、オーナー様には大変不便な世の中になってしまいました。

修理用部品は形が似ていれば何でも良い訳ではないので、原則は純正品で対応になります。何卒ご理解くださいますようよろしくお願いいたします。