修理事例修理事例

HOME > 修理事例:その他 > フロアヒンジ交換をしました

フロアヒンジ交換をしました

マンションのエントランスのドアの調子が悪いのでみてほしいという依頼がありました。

現調したところ、ドアを動かすフロアヒンジの内部が錆びて、カバーを押し上げるほどの盛り上がっておりドアがぶつかってしまっている状況でした。

両方ともそのような状態でしたので新しいものに交換して修理しました。

これでスッキリきれいに可動するようになりました。

フロアヒンジは環境にもよりますが概ね5年〜10年程度で調子が悪くなることが多く、錆による内部腐食が生じ交換になります。集合住宅の場合は建物を使用する方の安全にもかかわることなので、お値段は決してお安くありませんが、調子が悪い場合は早めのメンテナンスをご検討下さい。

調整で直ることもありますが、ほぼほぼ調子が悪いのでみてほしいとご依頼をいただく頃には内部錆びていて交換になることが多いです。弊社だとご依頼の8割ほどがそのような状態です。

マンションやビルの管理者様は時々、様子ヒンジの様子をみてあげて下さいね(^^)/

<施工前>

<施工中>

<施工後>

戻る