修理事例修理事例

HOME > 修理事例:その他 > フロアヒンジ交換工事を行いました(2019.3.8)

フロアヒンジ交換工事を行いました(2019.3.8)

三寒四温、ちょっと体には堪える日が続いておりますが、着々と春の訪れを感じる今日この頃です。今年はいつ頃桜が咲くのか楽しみですね♪

さて、先日、都内のマンション共有スペースのドアの動きが悪いので修理してほしいというご依頼をいただきました。

現地へ行ってみてビックリΣ(・ω・ノ)ノ!
フロアヒンジの部分が、蓋を押し上げるほどサビが生じているではないですか!!

フロアヒンジとは、ドアの丁番のような役割をします。床に埋められていて、ドアが安全なスピードで開閉できるようになっています。

通常ドアは丁番で枠についていて開け閉めできる構造になっていますが、マンションのエントランスドアなど重量のあるドアは丁番では強度が耐えられません。そのためそのフロアヒンジというものを使用しています。

多くの場合、エントランスなどのドアで使用されているため、雨水が内部に入って次第にサビが生じたり、経年劣化でスピード調整がきかなくなったりして開閉時の不具合がでてきます。

今回は、そのサビの量がハンパないことになっていて、上の蓋を押し上げてしまっていたわけです。

早速商品を手配し、新しいものに交換して、無事に安全に可動するようになりました((´∀`))

<施工前>

<施工後>

戻る