修理事例修理事例

HOME > 修理事例:その他 > マンションのフロアヒンジ交換をしました(2017.1.26)

マンションのフロアヒンジ交換をしました(2017.1.26)

杉並区本天沼のお客様からフロアヒンジの交換のご依頼がありました。

現場調査したところ、両開きのドアがこすれており、フロアヒンジも油漏れしていました。

すぐにフロアヒンジ交換工事の手配をいたしました。

フロアヒンジがダメになると扉にも悪影響が出ます。

マンションのエントランスや商業施設など共用部のドアは、開閉頻度が多く、フロアヒンジへの負荷も大きいため、定期的なメンテナンスが必要です。

雨水や掃除の際に流した水がかかる場所にあるフロアヒンジは、年数が経つにつれ、内部が腐食します。どちらも避けられないため、致し方ないことです。
腐食している場合は、釜ごと交換となります。

使用頻度の高い共用部などのドアのフロアヒンジは、約10年を目安に交換することをおすすめいたします。

<施工前>
かなり傷んでいます。

<施工後@>
既存メーカー商品が廃番の場合は代わりの商品で工事をおこないます。

<施工後A>
ピカピカになりました。
ドアもスムーズに動くようになりました。

戻る