修理事例修理事例

HOME > 修理事例:ガラス修理 > サッシビート交換を行いました(2018.3.12)

サッシビート交換を行いました(2018.3.12)

3月は引越しの時期で、退去後のクリーニングのご依頼が増えます。そのうち、ガラス屋で行う作業にビート交換があります。

ビートはガラスとサッシを留めているゴムのこと。
通常、ガラス修理の際は既存を再利用しています。

長い間使用していると、どうしてもカビや汚れが発生し、お掃除でも落としきれなくなります。そこで「交換」というお話がでてきます。

しかし、ビートはサッシによって種類やサイズなど多岐に渡る上、もう手に入らないもの、在庫があっても少量でのお取り寄せができないものながあります。そういった場合は、シール(再利用できない素材)で施工しています。

今回は、在庫があり、使用する量も多かった為、お取り寄せして施工することができました。

<施工前>

<施工中>

<施工後>

戻る