修理事例修理事例

HOME > 修理事例:ガラス修理 > トップライトの防水シール打替えをしました(2018.3.7)

トップライトの防水シール打替えをしました(2018.3.7)

お近くのお客様より、トップライト(天窓)のガラスの防水シールの打替え依頼をいただきました。

長年、風雨と日光に耐えてきた防水シールは劣化してところどころ切れが生じます。そこから雨水が侵入し、室内への雨漏りの原因となることがあります。

そのため、10年に1度程度はシールの打替えを行うことをお勧めいたします。

<施工前>

<施工中>

<施工後>

戻る